子ビーがいつの間にか…

スポンサーリンク

気がついたら産まれていた

いつの間にかビーシュリンプの子供が生まれていました。全く気づきませんでした。
袋入り10匹のビーですが、全部雄だとばかり思っていました。購入後しばらくの間は、注意してみていたんですけど、抱卵している個体もいなかったし、それらしい気配もなかったしであきらめてました。

元気に産まれたんだね…

それがです。
今日のエサやりの時に何気なく眺めていたら、なにやら焦げ茶色の底砂の間に小さい白赤のゴミみたいなものが…。

注意してよく見ると、なんと体長2ミリメートルくらいの極小なビーシュリンプ。数えてみると7匹くらいいるようです。親エビも2センチくらいしかないので一度の産卵でこのくらいの数なのかもしれませんね。

それにしても、いつ産んだのだろう? 親はどの個体??
まさか、ミナミとの混血ではないだろうな。

 

赤ちゃんビーシュリンプ

どちらにしても、小さい白赤がツマツマしているのは激カワイイですね。
写真は産まれた子ビーの様子です。赤丸の中に小さく写っているのがそれ。
手前のミナミヌマエビ(ぼやけてますけど)と比べるとその小ささがわかります。

二匹目のどじょうならぬビーシュリンプはいるか?

先日水槽の大掃除(結構手荒に)をしたので、そのショックが原因でで産んでしまったのかもしれない。一度産んだのだから二度目もあるか等と欲丸出しなのである。

スポンサーリンク