番外編 トンボの羽化

2010/6/8 火曜日

庭の水槽
抜け殻

アクアリウムとはチョット関係がある出来事です。

自宅の庭(といっても猫の額ほどの狭いところ)に、大きな水槽をおいています。野菜用のプランターを利用しただけのもので、以前は金魚が泳いでいたのですが病気になって絶滅してしまい、それ以来たま~に水を追加する位でほっとらかしにしてありました。

五月の初めに、陽気も暖かくなってきたのできちんと洗って睡蓮でも入れようかな~と水をバケツでくみ出したところ、バケツの中になにやらうねうねと泳ぐ物体が…。結構大きい物体で、はじめはミミズかなんかかと思ったのですが、よく見ると「ヤゴ」。ご存じのように、トンボの幼虫です。その大きさ4~5センチ。写真を撮らなかったのが残念なのですが、大きさと、緑ががった体色から、たぶん銀ヤンマなのだろう。シオカラトンボだともっと小さいはずだし、鬼ヤンマでもなさそうだし、やっぱりギンヤンマだな。
う~ん、しょうがないなぁ、まさか処分するわけにも行かないので、羽化するまでと思いそのままに…。今月に入りやっと羽化が始まったので、ほっとしているところです。全部で、6~7匹位、トンボとなってどこかで飛んでいったようです。何だかホッとしました。元気に生き抜いて、新たな子孫を残してくれることを願うばかりです。また帰ってくるかな??

羽化も終わったし、今度は本当に睡蓮でも入れようかな…。

※写真右は、庭の水槽(汚れ放題だな~)、左は羽化した後の抜け殻(5センチ位ある)
※写真をクリックすると拡大します。

スポンサーリンク