コリドラスがまたまた病気に…

スポンサーリンク

また病気ですよ。コリドラスアエネウス。

前回と全く同じ症状が全く同じ場所に出現しました。写真を見ればわかるように背びれの付け根付近なんですけどね、このあたり弱いのでしょうか??

ボケた画像なので良くわからないかもしれませんが、白いカビみたいな物がくっついています。
どうも

  • エサのやり過ぎで水質が悪化する
  • 水草伸び放題で水流が悪くなる

とかの環境になると発症するような気がします。

で、今は下の写真のようにふたたび治療用の水槽に入れられて青く染まっています。
今回は念のためエアレーションを付けてみました。

一応濾過はしているけど、治療薬を入れると生物濾過は期待できず物理濾過のみになるそうなので、毎日半分ほど水替えと治療薬の追加を続けることになるでしょう。
手間はかかりますが致し方有りません。

使用した機材は

  • 濾過装置:エーハイム水中フィルター2006
  • ヒーター:50W
  • 温度コントローラー:コトブキ ET-30B
  • 水槽:25cmキューブ
  • 治療薬:三栄製薬 メチレンブルー水溶液

こんなところです。

メチレンブルーは単に手元にあったものを使いました。魚病治療薬のメチレンブルーは製品として水溶液タイプと粉末タイプの物とがあるようですが、実感としては水溶液の方が圧倒的に使いやすいですね。粉末のはなかなか水に溶けなくて難儀した記憶があるしムダがでます。
取り置きはしない方が良い(光で分解して効力が落ちる)ので余りは捨ててしまうことになります。捨てるにしても気をつけないとそこら中青くなってしまいます。なかなか落ちないし…。

ということで、水溶液タイプをオススメします。
ちょっと検索してみたところ、粉末タイプは流通してないみたいですね、今は。昔の記憶だな。世の中進んでいると言うことか。

使用したのはこれ。もっと高かった気がするが…

あと、投入量は製品によって違うでしょうが、今回使用した治療薬の適正量として60cm×30cm×36cm(普通の60cm水槽ですね)の水量60リットルで10ミリリットルとありました。使ったのが25cm水槽なので、水量換算でいくと25cm×25cm×20cm=12500ミリリットル、12.5リットルですね。10ミリリットル×(12.5÷60)=2.08ミリリットル
コリドラスなどナマズ系は薬に弱いとのことなのですが、まだ病気で弱っている様子もないので、規定量の2ミリリットルを投入してあります。 今後、半分水替えする毎に1ミリリットルの追加投入と言う事になりますね。

治るまでどのくらいかかるのか?

再発ですからね、治ってくれるんでしょうか。
年齢的にもかなり高齢でしょうし、どうかな…。

スポンサーリンク