メンテナンスのためにお買い物

スポンサーリンク

お手入れのための水槽用品

今日は通販で、2号水槽のメンテナンスに必要な機材を購入しました。いつもの通り、楽天のCharmさんに注文です。
午後の2時だか4時だかまでに注文すれば翌日には配送されるということなので、早くやりましょう。

水草水槽

2号水槽は、現在のところ余った水草の保管庫になっているので、再整備してエビ用水槽に衣替えすることにしました。

水質を変えたい

2号水槽で一番の問題は、水のPHがアルカリ性になってしまうと言うところですね。大体PH8位になっていることがほとんどで、水草やエビ(現在ヤマトヌマエビが入っている)が、枯れたり死んだりすることはないのですが、大体弱酸性位がちょうど良いとされる種類ばかりなのであまり良くない状態にはちがいありません。原因としては、底砂を疑っています。長年使用している大磯砂なのですが、さすがに使用歴20年以上というのは限界かも…。

というわけで、作業としては

  1. 底砂の交換(大磯からソイルに変えることにする。)
  2. 水草の整理
  3. 外部ポンプにつながるホースの途中にダブルタップを付ける。
  4. 外部ポンプにつながるホースの途中にダブルタップを付ける。
  5. 濾過システム全体の見直しと整備

などなど、一日がかりになりそうです。

追加の機材達

追加の機材として購入したものは写真のように、ダブルタップ、PH検査試薬(補充用)、CO2ボンベ、CO2フルセット、ソイルです。

購入した水槽用機材

でも、どうしてもメンテナンスに必要なのはダブルタップとソイルだけだな、よく考えると。

おっと、忘れていました。一番高価なこいつを…。

一応、水草の健康を考えて、CO2添加システムのフルセットも購入。フルセットと言うだけ合って、Co2ボンベから拡散筒まで、CO2添加にはこれだけで十分な内容です。

今回のお買い物は、全部で13,000円ほどでした。高いのか安いのかわからんが、必要だからしょうがないか。それにしても、費用がかかる…。 ここまで書いて、はたと思いついたことが…。エビ水槽だと夏場の高水温を乗り切るにはクーラーが必須だろうと思うのだが、それをおくスペースがないぞ、このままでは。さてどうしよう??

クーラー無しでは、エビ、全滅するだろうな。なにしろ夏場は水温35度以上にはなるからな。

スポンサーリンク