生まれた、生まれた!

生まれた、生まれた!

といっても、ビーシュリンプが生まれたわけではありません。
では何が?
そう、またまたコリドラスなんですね。しかも結構な数。

前回生まれた卵を隔離せずに全滅させてしまってからしばらくの間はコリ達も疲れたのか産卵するそぶりもなかったのですが、11月13日頃、ふと気がつくと側面ガラスにた~くさんの卵が…。
ちょっと見ていたら、今回はいつもの灰色のコリドラスパレアトゥスではなく赤茶色のコリドラス・アエネウスが卵をせっせとガラスに貼り付けていました。結構大変そう。

無事に産卵が終わるように祈りながらしばらく待っていると、40個くらいの卵を産んだところで終了したみたい。

生まれたばかりのベビーコリドラス産卵箱の卵達

前回は放置プレイで全滅させてしまったので、反省を込めて今回は産卵ケースに避難させることにしました。別の水槽を用意するのが一番なのかもしれませんが、あまり大げさなことはしたくないのでね、折衷案です。

生まれたての卵は結構粘着力が強くて、指でつまむのが大変。つぶさないように注意しながら、産卵ケースの側面にできるだけバラして貼り付けていきます。あまりひとまとまりにしておくと、一部にカビが生えた時周囲の元気な卵にも悪影響を起こしてしまいますのでね。
最初は白かった卵が、だんだんと灰色を帯びてきて5日くらいで孵化します。今回はカビが生えてしまう卵もあまりなく至極順調に30匹くらいが誕生しました。

このベビー達が順調に大きくなるのはウレシイのですが、どこに収容しようか頭が痛いです。

ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。

アクアリウムランキング

スポンサーリンク