水槽の立ち上げ|水槽を選ぶ

水槽の立ち上げなどちょっとググれば数え切れないほど出てきますが、そこはまぁ大目に見て下さい。

スポンサーリンク

水槽の選択

まず、水槽の大きさを決めなければいけませんね。これは、とりもなおさずどこに置くか、確保できる場所との兼ね合いというか、場所の広さ以上の水槽は物理的に置けませんからねぇ。今回は、自分の部屋の出窓のところに置く事にして、そこに入る最大限の水槽という事で、幅90センチのものを選びました。ただ、奥行きが33センチくらいしか取れないので、奥行き30センチのスリムタイプを選ばざるを得なかったのがちょっと残念。

初めて水槽を購入する場合

アクアショップに行くと、小は15センチキューブタイプから大は120cmといった巨大なものまで売られていますが、もし初めて水槽を購入するのであれば、60センチ水槽をオススメします。なぜかって?60センチ水槽は売れ筋なので、水槽自体も安いし選択肢も多い、その他の照明やら濾過装置やらも60センチ水槽用は高性能で廉価なものがそろっていてお財布にもヤサシイサイズなんですよ。その上、それなりに大きいので水量も多くなり水質も安定しやすい、メンテナンスもしやすいと、とりあえずいい事ずくめなのが60センチ水槽となります。

 


同じ大きさでも価格はピンからキリまでありますねぇ。まぁ、ガラスの厚さとか作りとかいろいろ差があるのでしょうけれども、機能的には何ら変わらないので、お財布と相談して選べば良いでしょう。
おっと、忘れていましたが、水槽はかなり重くなるので、場所の確保と同時に強度にも注意して下さい。60センチ水槽ですとおおよそ60キログラム、90センチ水槽ですとスリムタイプでも100キログラム以上はありますので大変です。
設置場所や予算に余裕があるからと120センチメートルや180センチメートルの水槽を選んだりすると、床が重さに耐えられないということで床の補強工事をすることになるかもしれませんよ

スポンサーリンク