【レビュー】メダカプランターのエアポンプ交換|オススメできる製品か?

野菜用のプランターを転用した屋外にあるメダカプランター、メダカの増殖につれて、いつの間にか4つに増えてしまいました。
そこに使っていたエアーポンプがGEX e-AIR6000WB。

GEX e-AIR6000WB
GEX e-AIR6000WB

吐出口が2つの製品なのですが、それぞれ分岐させて4分配で使うといかんせん力不足、満足なエアレーションができません。古くなったせいもあるのでしょうがパワー不足は隠せませんね。
ということで吐出口が4つある製品を探してみたのですが、見つかったのは

  • WIKRON 酸素ポンプ 4口 水槽エアーポンプ 
  • ジェックス e‐AIR 9000FB エアーポンプ

の2種類のみというありさま。
どちらにしようか迷ったのですが、今回は気まぐれで「WIKRON 酸素ポンプ 4口 水槽エアーポンプ」を購入してみました。

スポンサーリンク

WIKRON 酸素ポンプ 4口 水槽エアーポンプ 

この製品は「安心と信頼の中国製」です。WIKRONなどという名称は聞いたことないし、梱包がチャイナポスト特有のねずみ色の袋でしたから。発送はアマゾンなんですが、チャイナポストでアマゾンに届いたものをそのまま再発送したという感じかな。

チャイナポスト
安心と信頼のチャイナポスト

これみて大丈夫なんだろうかという気持ちがわいてきたのは正直なところです。
さて、吉と出るか凶と出るか楽しみです。

関係ないけど中国の人って金魚飼ったりするんですかね?
風水の関係で「玄関に金魚を置くと金運が上昇する」というのを聞いたことは去りますがどうなんですかね??

本体

一言でいって「でかい!
大きさは18 x 14 x 9 cmとのことですが、実物はもっと大きく見えます。
今まで使っていたGEXの製品のちょうど2倍くらい。これは力がありそうです。

本体はテカテカ光る黒いプラスチック製ですが少々手荒な作りのところがあります。実用上は問題ありませんがこのあたりが中国製なのでしょうか。
上部に見えるダイヤルつまみで空気の吐出量を調整できるようになっています。
ないよりはマシですが、後に試したところ「あんまり変わらない」という事実が判明しました。

吐出口は4つ
吐出口は4つ

エアーの吐出口は4つ、最近よくある樹脂製ではなく金属製の吐出口なのは評価できるところ。
樹脂製は耐久性に難ありですからね。屋外使用で日光に当たり続けたりするとすぐ劣化しますので。もちろんエアーポンプそのものにカバーを使おうとは思っていますが。

付属品

付属品は一通りのものが同梱されていました。

  • エアホース(約5メートル)
  • 逆流防止弁(4個)
  • エアストーン(4個)
  • 取扱説明書(ペラ紙1枚ですが英語と日本語でした)

本体と付属品だけで基本的なエアレーションができるようになっています。
親切といえば親切ですね。

スポンサードサーチ

使用感

屋外に置いてあるメダカプランター4つにセットしてみました。吐出口が4つあるのでプランター1つに吐出口1つを使えるので分岐栓などは使う必要もなく配管はとてもすっきりしました。
今まではGEXのエアーポンプを使っていたのですが、2口で両方を2分岐していたのでパワー不足、満足にエアレーションができないという状況でしたが、このエアーポンプに変えてどうなるか、興味津々です。

動作音

動作音ですが、この手のエアーポンプは構造上「ブ〜」という音が出るのが普通なのですが、このWIKRON 酸素ポンプも例外でなく「ブ〜」音がします。それほど大きくはないものの静音とはほど遠いものですね。エアーの吐出量を最低にすれば少し小さくなりますが、皆無とはいきません。
寝室などでの使用には難ありかもしれません。

吐出量

今のところ最大に設定して十分な吐出量を確保できています。
以前のように途中で2つに分岐させていた時とは比べものになりません。
吐出量は本体上部のつまみで加減できるのですが、調整範囲はあまり広くはありません。

水深40cmくらいですが、パワーがある上に分岐していないので4つのエアストーンから上の画像のように勢いよく空気の泡が飛び出してきます。

電気代

仕様によると60hzで12Wとあるのですが関東は50hzですから10W位ではないかと思います。電気料金は一月で200円くらいかな。契約している電気事業者によって変わってくると思いますけどざっくり数百円くらいでしょう。

スポンサードサーチ

まとめ

WIKRON 酸素ポンプ 4口 水槽エアーポンプですが、価格のわりによくできているエアーポンプだと思います。音は少々するものの我慢できないほどでもないし、今回は屋外での使用ですから問題にはなりません。
屋外で使用する場合は防水ではないので降雨などで濡れないようにしなければなりませんが、お手軽に大きめのタッパでもかぶせておけば大丈夫でしょう。今までもそれで大丈夫だったし。

補修部品の入手不可か?

この製品の一番の不安点は、故障した場合に補修部品が手に入るか修理ができるかということですね。今のところアマゾンでも見当たらないので無理かなとは思っています。その点ではGEXのエアーポンプを選んだ方が良いかもしれません。
まぁ、いつまで使えるかわかりませんが製品テストのつもりでやってみようと思っています。
いつまで持つかな?中国4000年ですからね、関係ないけど。4000年かな??

ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。

アクアリウムランキング

スポンサーリンク